スタッフブログ

被害者請求を自分でやる時の手順と必要なもの!?【旭区鶴ヶ峰】

2017.9.27

こんにちは!!

旭区鶴ヶ峰で交通事故治療をしています、ゆげ接骨院です!!

 

本日は「被害者請求」を自分で行う場合の

必要な手順をお伝えしていきたいと思います!

 

‰~‚Ì•¶Žšƒx[ƒX

 

 

<被害者請求を行う流れ>

「被害者請求」を始めるときに最初にする事は、

加害者が加入している自賠責保険の保険会社を

調べることから始まります。

そして、その保険会社に直接事故の連絡を行い、

事故状況や負傷が確認できる保険請求のため書類などを送ります。

さらに、その状況に応じた必要書類を準備し、

保険会社による損害調査が行われ、自賠責保険の保険金が支払われます。

 

<どのように相手の保険会社を調べるか!?>

 

相手が加入している自賠責保険の保険会社を知るには、

「自動車損害賠償責任保険証明書」を確認することが必要です。

そして相手側の

「自賠責保険会社名」「自賠責保険証番号」を聞き出しメモしておき、

さらに、相手側の会社名や住所なども記録しておくとより万全です!!

そして保険会社に電話で「被害者請求」を行う旨を伝え、

手続き方法や必要書類などを確認します。

申請方法は保険会社ごとに違う可能性があるので

必ず直接電話で問い合わせるようにしてください。

 

<提出が必要となる書類>

 

1、保険金請求書

 保険会社ごとに書式などが違うので保険会社に請求する。

2、交通事故証明書

 自動車安全運転センターで入手します。

3、事故発生状況報告書

 事故の当事者などが作成

4、診断書、診療報酬明細書

 通事故での負傷を治療した病院で入手します。(医師によるもの)

5、交通費証明書

 通院の際に公共交通機関やタクシーなどを使った場合。

6、加害者が賠償済みの領収書

 交通事故の損害にかかる実費を支払っていた場合

7、休業損害証明書

 仕事を休んだ場合。事業主の源泉徴収票、または課税証明書など

8、後遺障害診断書

 後遺障害の損害賠償を行う場合(医師に発行してもらう)

9、死体検案書または死亡診断書

 被害者本人が死亡した場合に病院で発行

10、被害者本人の印鑑登録証明書、戸籍謄本、除籍謄本

 被害者本人死亡した場合

 

以上のような書類を準備しなければなりませんが、漏れがあると正当で十分な保険金が支払われないことがありますので注意してください!!

自賠責保険の「被害者請求」に必要な書類は事故の状況や保険会社によって異なる場合があるので必ず保険会社に確認してください!!

 

-------------------------------------

当院では交通事故をされた患者様は無料で施術を受ける事が可能です。

整形外科だと通院時間に間に合わなくてなかなか通院できない….

治療は受けているけど全然良くならない….

交通事故の制度がよくわからない….

など、交通事故に関するお悩みがありましたら、

ぜひお気軽にご相談ください!!

 

 

旭区むちうち交通事故治療 お問い合わせはこちら

ゆげ接骨院。鶴ヶ峰駅徒歩3分!北口バスターミナル7番乗り場裏。045-489-9710

HOME

交通事故後のリハビリ通院

メニュー

  • むちうち症
  • 手足のしびれ
  • めまい・吐き気
  • 交通事故による腰痛
  • 脳脊髄液減少症
  • 頚椎捻挫・ストレートネック
  • 病院と接骨院との違い
  • 助手席の事故
  • 交通事故の慰謝料

交通事故のケース別対応

  • 軽度の自転車事故・歩行者事故後の治療・リハビリについて

アクセス

ゆげ接骨院公式サイト


スタッフブログ

TOPへ戻る